上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウォリアーズ ウォリアーズ
マイケル・ベック (2006/03/24)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
この商品の詳細を見る

アメコミ感覚の娯楽作
ワシらのチームが1番じゃい!


ブロンクスで街一番の実力のチームのリーダー、サイクスが街中のチーム(現在だとカラーズ)にある公園に集まるよう号令をかける。
条件は武器を持ち込まずに9人の代表をたてて集会に参加するとのこと。
100以上のチームが集まり、大集会になるのだが武器を持ち込んだあるチームによってサイクスが撃ち殺されてしまう。
チーム”ウォーリアーズ”は撃ち殺した犯人の「ウォーリアーズがやった!」という叫びによって追われることになるのだが・・・・




オープニングはコントラストの高い地下鉄の映像から始まる。
散らばった電灯の光が異空間を思わせる絶妙な作りだ。
このオープニングがあるおかげで、これから何があるかわかり、近未来空間もしくはマンガ的世界の話だとすんなり受け入れられる。

ほとんどずーーーっと夜間撮影なのだが、ソフトなライティングに敢えてフィックス(三脚固定)を多用した撮影は素晴らしい。
「ここに電灯が立っているていで」とかではなく、あくまで照明のモチーフは街の家から漏れてくる光、地下鉄の無機質で平たいライトである。
対してラストの日中シーンが海をバックに綺麗に撮られており、その対比がストーリーに忠実なのだ。

なんだか撮影のことばかり書きましたが、この作品は気軽に見て楽しむ作品です。
この当時ストリート・ギャングの若者が社会問題になっていたそうですが、それにも関わらずあくまでモチーフととらえて、徹底的にエンターテイメント化した監督の姿勢には拍手ですよ拍手。
普通だったら作っていく過程で、「問題提起いれたほうがいいかな?」となって組み込んだ結果、中途半端な作品になるのが多いのですよ。

余談ですが、その後に作られた「カラーズ」だとチームの名前は番地や地名からきてて、「23丁目団」なんちゅうアホくさい感じなんですよ(笑)
「渋谷団」「中野団」「池袋団」「巣鴨団」「三軒茶屋団」・・・・

アホですな。
スポンサーサイト
  
コメント

ギャングってそういうトコにホッとします。
なんかやっぱ子供なんだなと。
個人的には「巣鴨団」をオバァチャンチームと想定したんですよ(笑)
そういうのもありかなっと。
---------- リトル・ゼ [ 編集] URL . 02/18, 05:18 -----

>アホですな。

アホですね。(笑

なんか池袋WGPを思い出しません?
内容はアホでもかまわないんです!
でも、名前だけは・・・・・・・!

>三軒茶屋団
ぷっ(噴出
---------- Vesta [ 編集] URL . 02/16, 16:42 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://movieholic.blog33.fc2.com/tb.php/86-ce4c8f05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。