上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆきゆきて、神軍 ゆきゆきて、神軍
奥崎謙三 (2000/11/24)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る

日本屈指のドキュメンタリーにして
悪夢の撮影記録


監督は「極私的エロス・恋歌1974」の原一男。
主人公は神戸市で妻とバッテリー業を営む奥崎謙三。
度々事件を起こしている自称"神軍平等兵"だ。

太平洋戦争時の所属部隊・独立工兵隊第36連隊のうち、ウェワク残留隊で隊長による部下射殺事件があった事を知り、奥崎は遺族と共に真相究明にのりだす。
なぜ、終戦後23日もたってから、二人の兵士は処刑されなければならなかったのか?
奥崎は生き残っているかつての上官を事情を聞きに訪ねるのだが・・・・


大学に入学試験の面接のとき、「この作品が好きだ」と雄弁に語った覚えがある。
それのおかげかわからないが、入学はできた。
確かに、高校生だった自分にとってこの作品は衝撃と共にドキュメンタリーの力強さを見せ付けられたのだ。

■奥崎謙三
20061122142414.gif


ハッキリ言ってこの人奥崎謙三は決して褒められた人間ではない。
この人の方法論は暴力
ウダウダとアジテーションして暴力
主張も「神を見た」だの「宇宙人がどうのこうの」とメチャクチャである。
この作品の監督原一男が"まなざし"を向けたのは、そのエネルギーである。
誠にみっともない茶番を繰り広げ、ワケのわからんアジテーションを繰り広げても、その人間の迫力と生き生きとしたエネルギーは光る。
それは良いことなのか悪いことなのかすら不明瞭であるが、この作品はそのエネルギーの瞬間をカメラで切り取ったことにある。

もう老体のジジイが怒り狂ってさらに老体のジジイに殴りかかる見たくもない悪夢のような光景。
プロダクション・ノートにも書いてあったが、原一男はカメラを回しながら、己の良心と作家性を衝突させていた。
目の前では"最悪の瞬間"であると同時に"最高の素材"がある。
カメラを監督は回し続ける。
「もうマズいですよ止めましょう」と諫める助監督。
原は葛藤する。
「これを撮らずに何を撮る。しかし止めないと。どのタイミングで止めよう・・・」
これがプロである。
プロのドキュメンタリストなのである。


あらすじやら派手なクルマやら、検索すればいくらでもそんなことはわかるから書きませんが、ホントに壮絶です
奥崎謙三は被写体に過ぎないし、彼のことを少しでも崇拝したとしたら間違いなくアナタは病気です。
ただ、崇拝せずにはいられないような教祖体質特有のあのエネルギッシュな生命力を奥崎謙三に感じるのは確かでしょう。
ホントに、危険な映画だなぁ。
スポンサーサイト
  
コメント

>チョロQさん
「神様の愛い奴」は四年前に見たんですが、
「あの衝撃をもう一度」的な期待をしていた自分にとってガッカリというか怒りすら感じる作品でした。
原一男監督がプロ根性で切り取った「エネルギーの爆発の瞬間」の作品を「奥崎崇拝の映画」と履き違えた上に、もう老体のジジイを騙して反証するという最低の映画だったと思います。
パッケージに浅草キッドがコメントを寄せていたのが意外でした。
---------- リトル・ゼ [ 編集] URL . 02/11, 12:32 -----

故・奥崎大先生に哀悼の意を込めて『神様の愛い奴』も観ましょう。
---------- チョロQ [ 編集] URL . 02/10, 00:12 -----

そういうモンなんですよね芸術って。
昔、足の裏で絵を描く人のドキュメンタリー見たことあるんですけど、いい年こいた大人が足の裏に墨汁をつけて、ぶら下がったロープにつかまって、巨大なキャンバスの上をすべるように汗だくで描いていく様は、すごいを通り越してバカバカしかったです。
夢中になるってすごいですよね。
---------- リトル・ゼ [ 編集] URL . 02/09, 00:59 -----

いいですね、リトルさんの切り口。
そういうの好みです。

私、実は演劇をやっていたことがあったんですけど
そのときのことを思い出しちゃいました。

>己の良心と作家性を衝突させていた。

こういうところとか。
芸術性の高まりというのは、どこかに狂気を孕んだものだと
私は思うんですよ。
見るほうも、なにかに違和感を感じつつ、
それでも魅せられてしょうがない。
そういう作品って、ありますよね。

なんちて。(笑
---------- Vesta [ 編集] URL . 02/08, 17:14 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://movieholic.blog33.fc2.com/tb.php/84-56bedf2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。