上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、卒業が近いせいかわからないけど、早朝に朦朧としながら電車に乗っている時、夜に疲れて電車に乗っている時によく過去のことを思い出しては「あの時こうだったなぁ」とひとり感傷にふける時がある。
忘れないようにブログに書いておくことにします。





2004年の3月。
2月に人生で五番目のバイトであるサンクス(コンビニ)のバイトを辞めてからフラフラしていたボクは新しいバイトを探すことにした。
「どうせなら映画に関係のあるトコがいい!」
と家の近くのチェーン展開のビデオレンタル屋に応募したものの、面接で落ちてしまった。
アルバイトの面接で落ちるなんて初めてなのでガッカリしながら家に向かって歩いていると、そのチェーン店の隣には小さな個人経営のビデオレンタル屋Mがあった。
「汚いビデオ屋だな」という印象があったものの、店内に入ってみると洋画のコーナーではメチャクチャ見たかった作品がたくさんあった。
さすが個人経営。ビデオのみで廃盤になった作品が数多くあった。


すっかり気に入ったので電話をして面接に行った。
店に入ってカウンターにいくと、20前後に見える店員二人が楽しそうに喋っていた。
「あのぉ面接に来たんですが・・・・」
と言うと二人は不思議そうな顔でこちらを見て、
「ちょっと待ってくださいね」
と奥の事務所らしき部屋に入っていった。
しばらくすると出てきて、
「あ、どうぞどうぞ奥に入ってください」
と丁寧に奥へ通された。


通路にはいろんなものがごった返していて壁のホワイトボードにはアニメのキャラクターやら映画の登場人物やらの切り抜きがたくさん張ってあった。
突き当たりの扉を開けると6畳くらいの部屋になっていて、真ん中に大きな机があった。部屋の端でPCに向かって座っていた太った人がなにやらせわしなくキーボードを打っていた。
机には20代中盤くらいにみえる男の人が座っていた。
「店長のTです。よろしく。」
と説明され、向かいに座った。
店長は髪は長く、ヒゲをたくわえていた。
顔はけっこう童顔で声が声優ばりの爽やかないい声をしている。
スーツを着ていたのだが、紺のスーツに中には柄物のシャツで独特の色合いでなんだかアムウェイとかのネズミ講の社員のような怪しい雰囲気をかもしだしていた。


アルバイトの説明が始まった。
ピアスだけ禁止で長髪も染色も可であること。
シフトは固定で、週4日以上は入ってほしいこと。
労働時間は19時から4時までで、閉店時間は3時なのでそのあとに売り上げを計上する"締め"の作業が4時まであること。
月の最終日には"月締め"があって5時くらいまでになること。
遅刻すると30分の分の給料が引かれること。
それを説明された。
一通りの説明を受けると「追って連絡します」とお開きになった。


家に帰って思ったのは正直怪しいところに応募してしまったなぁというちょっとした不安だった。


数日後、採用の電話が来て初めて仕事に行った。
この店は開店11時閉店が3時で、11時から19時までが早番、19時から3時だった。
緊張していたので18時40分にいったのだが、「まぁちょっと早いかな」と店長は苦笑していた。
その日の早番の二人は腰まである長髪にメガネにヒゲという格好のMさん、白い肌が特徴的なこれまた長髪のKさんだった。
ふたりともバンダナをしていて、最初は「なんだこの二人は?!」と軽いカルチャーショックだった。
そして遅番に入ったのは金髪で男前のOさん、メガネにドレッドパーマのJさん、それと自分だった。
1回目ということもあって二人がついて教えるというワケである。
古いPCを使ったレジは操作が複雑で、覚えるのが難しかった。
慣れない接客をこなしているうちにあっという間に八時間が過ぎ、汗びっしょりになって仕事が終わった。


仕事が終わると、外にでて三人で一服した。
仕事中はそんなにベラベラなんて話せなかったので、改めて二人と身の上話をした。
Oさんは自分の三つ年上で、大学を卒業してこの春からはフリーターだという。この店で働くのも三年目で、店では古参の人だった。
Jさんは大学に通う同い年の学生で出身は山口県だった。同い年だから「さん」づけはおかしいが、この店では勤務年数が絶対の縦社会だった。
Oさんとはこの後頻繁に一緒のシフトになって公私共にかなり仲良くなった。
仕事は案外キツかったものの、ボクはこの店でうまくやっていける気がした。
しかしこの後、Oさんから店の変遷が語られることになり、ボクを恐怖に陥れるのだった・・・・


<次の更新に続く・・・・>

スポンサーサイト
  
コメント

>Vestaさん
続き書いたのでソチラもどうぞ。
色々思い出してたらこの思い出の記事長くなりそうです。
>みっこ
前にメールしたときから返事全くなかったから見てくれてるのか心配だったんだけどよかった。見てくれているとは。
ラッセ・ハルストレムの映画だと「やかまし村」の二本が好きかな。
普段サスペンスとかシリアスドラマばっか見てるんでああいうのは新鮮と言うかホッとするよね。
---------- リトル・ゼ [ 編集] URL . 01/31, 18:04 -----
みてるよお
ひさしぶりだねえ!!
たまにみさせてもらってましたよ。
元気にしてるようで何よりですわ。
俺もこの続きが気になります。
はやく書いてね!!早く帰って来い!!
ふるさとの友より。

あっぜひラッセ・ハルストレムの映画の
レビューもおねがいします!!
---------- みっこ [ 編集] URL . 01/29, 10:08 -----

こんにちは。
Vestaでございます。

いやはや、興味深い話です。
そのビデオ屋、滅茶苦茶怪しい・・・(笑
この先すごい楽しみにしてます!!!
---------- Vesta [ 編集] URL . 01/28, 10:47 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://movieholic.blog33.fc2.com/tb.php/80-b85baa16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。