上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
両親が上京して自分のアパートへやってきました。
それで収穫がありましたよ!
自分が世界1好きな犬。
そう愛犬ジョンです!
ジョンの近影をゲット!
※注意 親バカ談義です。興味のない方にはキツイかもしれません


20060102040100.jpg




生まれは不詳、去年で八歳になりました。
出会いは中学二年の冬11月でした。
近所の知り合いのおばさんが訪ねてきたのです。
このおばさんは兄の同級生のお母さんで、近所でも無類の犬好きとして知られておりました。
大型の犬3匹をおばさんは飼っていたのですが、ある日ウチすぐ近くにある防風林でまだ生後まもないであろう子犬と出会ったというのです。
雪深い中、ダンボールに入ったその子犬はどこかの子供か野犬もしくはキツネにちょっかいだされたようで、傷ついていました。
見るに見かねたおばさんは、この子犬を拾ったそうですが何しろもう3匹飼っているので、誰か飼ってくれる人がいないかと近所を訪ねていたところでした。
そしてウチを訪ねてきたのです。
ウチは母親がペットを飼うことをずーっと拒み続けてきたので、おばさんが訪ねてきた時、「飼えないだろう」と一瞬思ったのですが、
「オレ飼いたい」
とノータイムで言っていました。
すると意外にもペットに興味示したことのない父親が、「飼おう」と言ったのです。
あとは母親をなだめすかして、子犬を受け取りにおばさんの家へ。
行ってみるとそこには、怯えきった子犬がいました。
身長50センチくらいでしょうか。
ダンボールごと家に連れ帰ったのはいいですが、暴れてききません。
それから躾の日々が始まりました。
飼うと決めたときの約束通り、朝は父親か自分が散歩、昼はイヤがっていた母親に散歩してもらい、夕方は自分が散歩ということになりました。
名前が決まっていなかったのですが、いつの間にかジョンということになっていました。
なんなにイヤがっていた母親が「ジョンっていいでしょ」と決めてしまったのです。飼ってみるとやっぱりかわいく思えるものなんだなとチョット安心しました。
それからは自分と父親で大体世話をして、母親が昼間世話をしました。
無趣味に近かった父親はたいそうジョンをかわいがって、生き生きしていたので嬉しかったです。
自分が東京に行ってからはもうほとんどジョンの世話は父親がやっています。


プロフィール
年齢:八歳
生まれ:不詳
育ち:北海道
血統:雑種
好きなもの:骨っこ
性格:バカ でもそれがかわいかったりして・・・・ムフフ
好きな言葉:ワン
合言葉:ワン
特技:しっぽフリフリで暴れる
趣味:クルマの窓から顔を出して、風に当たりながらトム・クルーズばりの渋い顔でドライブ・食っちゃ寝
チャームポイント:いじけた時の思春期の高校生ばりの上目遣いの表情・寂しい時の甘えるような表情
ポイント:よく暴れるものの、その雪化粧に生えるルックスで近所の子供たちの支持を集めています


さぁ今年こそ実家に帰ってジョンにかまってあげないと。
待ってろよジョン!
スポンサーサイト
にほんブログ村 映画ブログへ 01.02 (Mon) 04:29 [ 日記 ] CM2. TB0. TOP▲
  
コメント

まぁ親ばかじゃない飼い主がいたら説教したくなっちゃいますね!(モチロン話の中に自分の犬の自慢話を挟んで・・・・)
---------- リトル・ゼ [ 編集] URL . 01/02, 23:34 -----
うちにもいます
自己紹介のページにリンクが貼ってあります。ワタクシも親ばか・・・
---------- チュチュ姫 [ 編集] URL . 01/02, 22:48 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://movieholic.blog33.fc2.com/tb.php/72-955e0b05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。