上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テレビ朝日の番組「第10回30人31脚全国大会」において自分の母校の石狩市立若葉小学校の30人が優勝を勝ち取った!




今日の午前10時、同居している兄に起こされた。
「おい、テレ朝見てみろよ」
寝起きが勉強より苦手な自分は、フラフラと起きてテレビを見た。
画面の中に「北海道若葉小」の文字。
「ふむむ?!」と一瞬で目が覚めた。
道内の若葉小は北広島のと二つあり、どっちかわからなかった。
実況は確実に「石狩市立若葉小」と言った。
自分は信じられなかった。
元日である。
全国放送である。
母校の若葉小は自分がいた時は3クラスで赤・白・青で運動会をした覚えがあるが、今は過疎化で学年で1クラスがやっとの状況である。
野球、サッカー、ハンドボールのチームがあるがどれもイマイチ。
ベットタウンにある、過疎化の進む平凡な田舎の小学校である。
その学校が、全国で1番になったのだ!


1時くらいになって、両親が実家から、自分が今住んでいる東京のアパート近くの駅にやってきた。迎えに行くと父親も母親も嬉しそうだった。二人ともいつもと変わらない。ちょっとホッとした。
父親は「いいビデオとってきたんだ」(面白いビデオを録画してきた)と嬉しそうに言った。
「もしかして若葉小のコト?」と聞くと、
「そうだそうだ」と顔をくしゃくしゃにして喜んだ。
そして北海道のローカル局HTBで若葉小を追っかけたドキュメンタリーが12/13に放送されて、それを録画したらしい。
アパートに戻ってみんなで見ると、とてもいい内容だった。


横浜での決勝戦。
若葉小の挑戦3年目にしての初の決勝トーナメント、そして決勝。
相手は愛媛の小学校。
先に若葉小が走る。
30人31脚の50メートル走。
タイムは9秒18だった。
次に相手の小学校が走る。
みんなもう泣きそうな表情だ。
ゴールした。
タイムがでる。






9秒23!






みんな走り出して喜んでいた。
少年時代に自分はこの平凡な小学校に通っていた。
その頃の自分と同じ年齢の後輩の子供たちが大きな快挙を成し遂げた。
初めて優勝旗が津軽海峡を渡る。
この子供たちは快挙を成し遂げ、もう大人になった自分にも
「やればできる」
と体全体で教えてくれた。
母校の後輩が頑張ったことで自分のように勇気をもらった先輩は多分もっといるだろう。
ありがとう。
平凡な母校の小学校の、あどけない後輩たち。

スポンサーサイト
にほんブログ村 映画ブログへ 01.01 (Sun) 20:21 [ 日記 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://movieholic.blog33.fc2.com/tb.php/71-b5a81e86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。