上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Legend of Rockers ロッカーズ25TH Legend of Rockers ロッカーズ25TH
リロイ・ホースマウス・ウォレス (2005/10/28)
ビデオメーカー
この商品の詳細を見る

レゲエ・ミュージックから学ぶ。

ドラマーのホールマウスは、みんなにあれこれ言って丸め込んだ借金でバイクを買った。自分の仕事先のスタジオで、このバイクを使ったレコードの販売業を始めるのだが、ある日クラブ?に行ったところ警察が麻薬の手入れに来て、そのドタバタと共にバイクが盗まれてしまった。ホールマウスは仲間の手を借りて自ら捜査を始めるのだが・・・・


良質のインディーズ映画を配給し続けているアップリンクから発売されている、『伝説のレゲエムービィー!』。全編陽気なレゲエミュージックが流れ、ゆったりとした心地よい時間が流れます。感覚的には「ブラザー・フロム・アナザー・プラネット」のあの緩やかさでしょうか。

20051221233235.jpg


とにかく出てくるジャマイカの黒人のファッションは「まぶちい!」と言いたくなるような色なんですが、似合っていてカッコイイ。ドレッドヘアーをぶらさげて、独特の歩調で歩く様子までなんだかカッコよく見えます。知り合いに会うと「よう!兄弟!」とハイタッチ。無駄話しながら時間はゆっくりと流れます。
興味を引く描写がてんこ盛りです。ホールマウスがケガした時、世捨て人みたいな老人が住む掘っ立て小屋に向かいます。「導師、助けてください。アイタル(生きる力)をください。」と導師(老人)を頼ります。導師は何をするでもなく、「なに、そのうちよくなるさ。」と言ってクスリ(マリファナかな?)を渡します。途中で言及されているように彼らキリスト教なんですが、導師?? そこらへんも不思議な感じです。
全編流れるレゲエの歌詞もいわゆる宗教の説教歌のようで、必ず「ジャー」という言葉が出てきます。昔の指導者か神なんでしょうか?調べたけどわかりません。ただこの「ジャー」が色々と生きていくうえの訓示を彼らに与えたことはわかります。
黒人の結束?もかなり傍目から見ると興味がわきます。みんなブラザーなわけで、何かあったら助けてくれてマリファナを一緒に吸っていらだちを紛らわせたりして・・・・いいなぁ。あったかいですねぇ。

この映画そういう感じでゆったりしたいい映画なんですが、やっぱり撮影地のジャマイカは危険な場所だったようで、ロケ隊が泊まっていたキングストンのホテルが襲撃されて撮影資金を奪われたり、ライヴ・シーンを撮るために入れたエキストラの中に本当のお尋ね者が紛れ込んでいて、逮捕しようとした警察がロケ現場となったシアターの周りを取り囲んだりと、撮影はトラブルの連続だったそうだ。
ストーリー展開は結構ベタだけど、ラストシーンは物凄くホッとする。そんな映画。
レゲエとは絆と見つけたり!
スポンサーサイト
にほんブログ村 映画ブログへ 12.21 (Wed) 13:43 [ 音楽 ] CM1. TB0. TOP▲
  
コメント

こんにちは。『ロッカーズ』の宣伝ありがとうございます。
ほんとに素晴らしく、カッコイイ映画ですよね。
そんなロッカーズ好きの方達に、うれしいお知らせです。ロッカーズ以来の真のラスタファリアンロードムービー『ルーツ・タイム』が2007年9月1日より公開されます。
久々のロッカーズスタイルのレゲエムービー!全編ピースフルで、ゆる~い映画の中には、確かなラスタのメッセージが。
---------- ラス・山 [ 編集] URL . 08/28, 16:17 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://movieholic.blog33.fc2.com/tb.php/58-b93ee742
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。