上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ray / レイ Ray / レイ
ジェイミー・フォックス (2005/11/25)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
この商品の詳細を見る

ソウル・ミュージックから学ぶ。

ソウルミュージックの創始者であり偉大なミュージシャン"レイ・チャールズ"の怒濤の人生の映画化。

1948年、17才のレイ・チャールズ・ロビンソンはシアトルに出てクラブで演奏し始め、「盲目の天才」と評判になる。やがてレイは、ゴスペルとR&Bを融合させた新しい音楽、ソウルを誕生させた。ヒット曲に恵まれる一方、名声の裏では愛人をたくさん作り、麻薬に手を出し、金にがめつくなり、その生活は荒んでいくのだった・・・・


Ray.jpgこの自伝映画の製作開始当時レイ・チャールズ本人は健在だったのだが、2004年の6月に完成を見ずに亡くなった。
だから最後まで彼のリアリティが行き届いたかちょっと疑問だが、監督のテイラー・ハックフォードはレイと20年来の友人だったそうで、その思い入れは画面にも如実に現れている。
主演のジェイミー・フォックスはレイと実際に一緒に演奏して特訓したとか。
物凄く歌ウマイ!ホンモノと見紛うほどの盲目の演技に、抜群の歌唱力!巷で言われている通り『神がかって』おります。Ray2.jpgこの歌を中心とした伝記映画、かなり見やすいです。あっという間の152分。
自分は二月初頭に友達のMとフラ~っと見に行ったのですが、レイ・チャールズに関する知識はゼロに等しく、「あの黒人のミュージシャンだよなぁ・・・確かジャズとかそんなカンジなのだそうなのだうふふ。」と予備知識ゼロで行って超楽しめました。スクリーンで見ると全身で心地よいビート感に浸れました。
回想のシーンいいですねぇ。レイのお母さん怖っ!貧乏な家の肝っ玉母さんというカンジで、自分の母を思い出して寒気が・・・・(笑)
黄色っぽい映像はアフリカの原風景を意識していてとても綺麗です。(劇中の設定はアメリカ・ジョージア州です)
Ray3.jpg基本的にはサクセス・ストーリーですが、成功するのも代償がある。ボロボロになりながらも突き進む彼の生き様は、貧困層のハングリー精神とそうならなければいけない現実、障害者の埋められない壁、そして全てを覆してしまう彼のソウル・ミュージックの力強さ、素晴らしさを訴えかけてきます。
ぜひご覧あれ。
スポンサーサイト
にほんブログ村 映画ブログへ 12.20 (Tue) 16:52 [ 音楽 ] CM3. TB0. TOP▲
  
コメント
いいことです
お気に入りの映画ができるってことは、いいことです。
---------- チュチュ姫 [ 編集] URL . 12/21, 22:38 -----
むしょうに好きです
自分がレイ・チャールズについてあまり詳しくないからかもしれませんがとても良かったです。ただ「神がかった」はちょっと言い過ぎたかもですね。「Jarhead」戦場もの好きとしてはそても楽しみです。
---------- リトル・ゼ [ 編集] URL . 12/21, 11:12 -----
そっかぁ、好きか、この映画・・・・・
家で見たのがいけなかったのかなあ、イジョーに長くて、途中で寝てしまったよ。一緒に観たアンちゃんと「Overrated!(前評判ほどではない)」という意見にたっしましたが・・・。
ジェイミー・フォックスは、いいよね。「Jarhead」ですっかりファンになりました。
---------- チュチュ姫 [ 編集] URL . 12/20, 22:22 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://movieholic.blog33.fc2.com/tb.php/57-04579cd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。