上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20051105054856.jpg

デ・パルマの
洒落心たっぷりのサスペンス



B級映画の音響技師ジャック(ジョン・トラボルタ)は、ある日効果音の録音最中、偶然車が川に突っ込むのを目撃、中にいた娼婦サリー(ナンシー・アレン)を救出する。録音したテープの音を基に事件の裏に隠された真実が徐々に解明されていくが、ジャックとサリーの身にも危険が迫ってくる・・・・

まず最初の悲鳴のシーンで笑える。「ヒョャャャァァァ」ってロシア人みたいな悲鳴が間抜けすぎ(笑)そりゃあ使えないよ。たいした話作れないくせに口うるさい監督のホントにいそうで○。
今回もナンシー・アレン。ブスだけどいいねぇ。"バカな女"やらせたら一品ですな。怪しい人だってわかってるのについて行くとか、「バーバラ・ストライサンドのメイクはまだまだ」とか大口叩いてみたり、「10分だけ飲む」とかありえない約束して結局長居するとか、男はこういうのに滅法弱いです。
橋での集音シーンは凝ってていいですねぇ。カップルの話し声・・足音・・かえるの音・・フクロウの声とステレオで聴くと楽しめます。
個人的には録音機器がでてきたのがウレシイ。でてきた録音機はNAGRA(ナグラ)もう今は生産してない懐かしいアナログ機です。テープを何回も繰り返し聴くシーンがありましたが、結構ああやってするの難しい。巻き戻して再生にするとテープがたるみます。自分あれでひっかかってテープ切れたことあり(笑)シネテープ(録音用磁気テープ)の銃声の瞬間のコマを探すシーンもいいですねぇ。絵をみながら音を合わせるって難しいのよぉ。


今回デ・パルマの凝った仕掛けはあまり登場しませんが、話の構成で仕掛けがあるんで無問題です。デ・パルマの作品の中ではかなり見やすいと思いますよ。
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://movieholic.blog33.fc2.com/tb.php/32-837a6ae5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


『ミッドナイトクロス』 (81年/ビデオ)  ☆☆☆☆★
おかげさまで昨日分のgooのアクセスランキングで20万件中100位に入りました。しかもピッタリ100位(笑)5月12日 583名!これからもよろしくお願いしまーす。毎日1回覗いて下さいね。今日はブライアン・デ・パルマ監督作『ミッドナイトクロス』を見ました。お
映画VS名古屋 11/05, 12:50
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。