上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20051028235106.jpg

甘い思い出はロックに乗って


15歳の少年ウイリアムは、伝説的なロック・ライター、レスター・バングスに気に入られる。そして雑誌や地元の新聞に掲載された彼の原稿がローリングストーン誌の編集者の目にとまり、 ブレイク寸前のロックバンド"スティル・ウォーター"のツアーに同行取材する仕事を得る。そこでウィリアムは、グルーピーのリーダー的存在、ペニー・レインと出会う・・・・

02.jpg

もうオープニングの始まり方からしてワクワク
昔NHKの教育で見たアメリカのドラマ「天才少年ドギー・ハウザー」の曲によ~~く似た、甘酸っぱさ満載の曲で物語はスタート。監督いい選曲だわマジで。
登場人物もいいキャラばっか。
青春ってモノに素直な反抗期のかたまりみたいなお姉さん
典型的な頑固な教育者全開の大学教授でキャリアウーマンのお母さん
almost_famous_scene_05.jpg
レスター・バングスもロック大好きなオッサンで、登場シーンでも「昼間っからイギーポップいってみようかベイヴィィ!!」って感じ(笑)
プロのライターとしてウィリアムにアドバイスする姿も様になってる。

名場面は中盤のバスの中での仲直りのシーン。
アナタも「たいにぃ~ダ~ンサァ~」と歌っちゃうコト必死。
憎い、憎いよキャメロンさん。
こんなシーン「どう?」って出されたら、「いいね~」と顔をニヤつかせるしかないじゃないの!
"スティルウォーター"のメンバーのドラムさん。
クライマックスの飛行機のシーンで超ナイスボケかまします。

almostfamous.jpg
でもやっぱ一番はペニーレーン
ゴールディ・ホーンの娘、ケイト・ハドソンによる小悪魔っぽい演技には参った。
恋するわなそりゃあ。
ストーリーの語り口はうまくて、70年代ロックの選曲は秀逸。
まさに青春映画ってカンジ。
甘酸っぱい青春を堪能できます。

ちょっと残念なのは、主人公がさほど"青春のキズ"を負わないってトコかな?
実際の体験が元なのに映画の作りも丁寧すぎるかも。
でも、素直にこの映画のウィリアムにどっぷり浸かって見れば問題ナシ。
スポンサーサイト
にほんブログ村 映画ブログへ 10.29 (Sat) 00:31 [ 音楽 ] CM2. TB0. TOP▲
  
コメント
あ、それから・・・
私もこの映画好きです。
---------- チュチュ姫 [ 編集] URL . 11/09, 04:40 -----
はじめまして
映画記事一覧のカテゴリー作ったでしょ?いいアイデアですね。私もそこに入れました。そのカテゴリー使ってるの、私とリトル・ゼさんだけです!
これからもよろしく。
---------- チュチュ姫 [ 編集] URL . 11/09, 04:39 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://movieholic.blog33.fc2.com/tb.php/12-edc0cfc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。