上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パットン大戦車軍団 <特別編> パットン大戦車軍団 <特別編>
ジョージ・C・スコット (2006/08/18)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る

昔々、戦争バカな爺さんがいました

1943年、アフリカ戦線。
初陣のアメリカ第2機甲兵団は、ドイツのロンメル将軍(カール・ミカエル・フォーグラー)の指揮する軍団をかい滅させたが、味方の損害も大きかった。
そこへ、たたき上げ軍人で粗暴な言動が多いパットン将軍(ジョージ・C・スコット)が着任。
兵団たて直しのため、ブラッドリー少将(カール・マルデン)を副官に任じ、厳しい再訓練を開始する。
彼は北アフリカでドイツ戦車軍を撃破、ついでシチリア、さらにドイツ領内へと進撃して行く。
パットン戦争にはめっぽう強いがその言動が災いして組織の中では嫌われ者となり孤立するばかりなのだった。


■冒頭から巨大な国旗をバックに演説
patton2.jpg

いきなり映画の冒頭から演説。
巨大な国旗をバックに傲慢な演説を言い放つパットン将軍の迫力がすごい。
この将軍とにかく口が悪い。
ドイツ兵じゃなくて俺を恐れるようにしてやる!
服装を正さなかった奴は頭の皮をはぐ!
自殺未遂した奴はほうりだせ。そんな奴は死んでもいい!
戦場から逃げるような奴はおれが叩き殺してやる!
戦場がどこかにおいでわかる
部下に好かれようとはおもっちゃいない
この腰抜けやろうが! 前線へ送り返せ!
腰抜けやろうはとっとと撃たれて死にやがれ!
原隊に戻らないなら、俺が撃ち殺してやる!
俺の部下に腰抜けはいらん!
なぜ、俺を戦場に出さないんだ!俺の一生は戦いだ!

しかし、パットンの娘の話によると、ある晩パットンが鏡の前でなにやら怖い顔をしているのを見て何をしているのか尋ねたところ、「兵士どもが怖がるように練習しているんだよ」という返事が返ってきたらしく、どうもこのキャラクターは一世一代の演技だったらしい。そして、その役柄に沿って人生を生きた彼は役に翻弄されることになる。

タイトルは"大戦車軍団"と強そうな印象があるが、アメリカの戦車"シャーマン"シリーズは技術的にはドイツにもソ連にも遅れをとっていて、数枚の鋼板を溶接したずさんな装甲であった。実際に撃ち合っても"シャーマン"ではドイツの一体鋳造型"タイガー"戦車の装甲を0距離射撃ですら貫通することはできず、一転して撃たれれば弾丸でも装甲が貫通してしまう有様であった。
しかしそこはアメリカの強み、数で圧倒した。"シャーマン"は戦争性能が劣る代わりに大量生産が可能であり、物量作戦で圧倒していくことになる。

■実物のパットン将軍
patton.jpg

この映画は正確にいうと戦争映画ではない。
戦争場面はかなり省略されていて、東ロレーヌ戦やバルジ大作戦など史実に逆らってアメリカならではの"行け行けシーン"にもしてしまった部分も多い。
パットンの権力争いと作戦指揮の様子を描いた伝記として見たほうがいいだろう。
劇中のパットンのキャラクターは共感はできないが魅力的であり、それだけでも見る価値はあると思う。

■パットン将軍トリビュートガン。趣味悪い(笑)
Patton-left-large.jpg

スポンサーサイト
にほんブログ村 映画ブログへ 02.19 (Mon) 16:41 [ 戦争 ] CM0. TB4. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://movieholic.blog33.fc2.com/tb.php/116-79c0b8a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


「パットン大戦車軍団」
パットン大戦車軍団パットン大戦車軍団(Patton)は、第二次世界大戦中のアメリカ合衆国陸軍|アメリカ軍の将軍ジョージ・パットンの生涯を描いた1970年公開の映画。主演はジョージ・C・スコット。パットンの生涯を映画化する動きは1953年に始まり数回行われた。パットン家はプ
映画の缶詰 02/20, 14:35
「パットン大戦車軍団」
パットン大戦車軍団パットン大戦車軍団(Patton)は、第二次世界大戦中のアメリカ合衆国陸軍|アメリカ軍の将軍ジョージ・パットンの生涯を描いた1970年公開の映画。主演はジョージ・C・スコット。パットンの生涯を映画化する動きは1953年に始まり数回行われた。パットン家はプ
映画の缶詰 02/21, 18:23
映画を考える
スタッフ 監督 - フランクリン・J・シャフナー 制作 - フランク・マッカーシー 脚本 - フランシス・フォード・コッポラ/エドマンド・H・ノース 音楽 - ジェリー・ゴールドスミス 軍事アドヴァイザー - オマル・ブラッドリー・[映画][]パットン大戦車軍団・「パットン大戦車
映画を考える 03/26, 20:31
パットン大戦車軍団<特別編>
第二次大戦のアフリカ戦線で活躍したアメリカのジョージ・パットン将軍。類まれなる戦略家として恐れられながらも、激しい気性と名誉欲、奇行によって失脚を繰り返した波乱の生涯を描いた伝記的作品。
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。