上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブリキの太鼓 ブリキの太鼓
ダービッド・ベネント (1999/03/25)
ハピネット・ピクチャーズ
この商品の詳細を見る

生臭い映画

1899年のダンツィヒ。
その郊外のカシュバイの荒野で4枚のスカートをはいて芋を焼いていたアンナ(ティーナ・エンゲル)は、その場に逃げてきた放火魔コリャイチェク(ローラント・トイプナー)をそのスカートの中にかくまった。それが因でアンナは女の子を生んだ。
第一次大戦が終り、成長したその娘アグネス(アンゲラ・ヴィンクラー)はドイツ人のアルフレート・マツェラート(マリオ・アドルフ)と結婚するが、従兄のポーランド人ヤン(ダニエル・オルブリフスキ)と愛し合いオスカルを生む。
3歳になったオスカル(エンゲル・ベネント)は、その誕生日の日、母からブリキの太鼓をプレゼントされる。この日、彼が見た大人たちの狂態を耐えられないものと感じたオスカルは、その日から1cmとも大きくなるのを拒むため自ら階段から落ち成長を止めた。この時同時にオスカルには一種の超能力が備わり、彼が太鼓を叩きながら叫び声を上げるとガラスがこなごなになって割れるのだった。


■オスカル君。カワイイような不気味なような。
20070212200759.jpg

この映画はとても奇天烈な映画で、1940年前後のポーランドに迫るナチスを主題にしているのだが場面場面に出てくる事象の印象が強すぎて観ていると麻痺してきて一体何の映画だかわからなくなってくる。
■ヒットラー万歳!
20070212195617.jpg

海に打ち上げられた牛の腐った頭、ウナギの料理、セックス、魚をグチャグチャと食べる母親、小人、唾をたらしたソーダの粉末をなめる女の子、と「人間が生きてるのはこんなに汚いんだよ臭いんだよ」と訴えかけているのだが、強烈すぎて人によっては不快なだけかも。
それと同時に、ナチスをあっさり受け入れてユダヤ人を一緒になって迫害した人たちの功罪も臭い汚い!ということを言いたいのだろう。
劇中では"臭い汚い"8割、"ナチス"2割という配分なのでたいぶ評価が分かれているのだと思う。

さて主人公のオスカル君なんですが、成長をストップさせて煩わしい人間関係も放棄、責任も放棄して超能力を悪用してはワガママし放題。
しかしナチスポーランドに進軍して来たあたりからワガママが通らなくなってくる。いくら姿かたちを少年にしたところでナチスからは逃げられん、オスカル辛抱たまらなくなってくる。
結局、家族みんな死んだところで「ボクはまた成長します!」と最後まで自分勝手なのだが、なんだか憎めない。この映画は面白い構図に満ちていて、演出のテンポもいい。ボクはこの映画観終わって漠然と面白かったなぁと思った。こういう東欧独特な"生臭さ"って大好きなんですよ。
でもあの「キィィィィィィィィィィ」っていう声。
二度と聞きたくない。
スポンサーサイト
にほんブログ村 映画ブログへ 02.12 (Mon) 19:21 [ ドラマ ] CM1. TB0. TOP▲
  
コメント

はじめまして。
髭ダルマLOVEと申します。
最近ブログをはじめたばかりの初心者です。

ブログを通じて、今まで自分では触れることのなかったジャンルや作品、また観た方の感性に触れることが出来、とても刺激的です。

トラックバックさせていただきます。
今後とも宜しくお願い致します。

---------- 髭ダルマLOVE [ 編集] URL . 02/24, 18:39 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://movieholic.blog33.fc2.com/tb.php/114-93786026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。