上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤングガン2 ヤングガン2
エミリオ・エステベス (2001/11/21)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る

ビリーは死んだのだろうか

「ヤングガン」の続編。
"続編は失敗作"というハリウッドの掟を破った傑作。
前回よりもキャラクター描写に時間を裂いていて、銃撃戦も迫力アリ。
ビリー・ザ・キッドエミリオ・エステヴェス)のキャラクターもいくらかマシな人間になっている。
ドク・スカーロック(キーファー・サザーランド)やチャベス・Y・チャベス(ルー・ダイアモンド・フィリップス)のカッコよさも健在。
自分はお調子者のデイヴ(クリスチャン・スレイター)が気に入っている。


■ビリー達"ヤングガン"
20061125095122.jpg


西部開拓時代の生き残りの余命いくばくもない老人が新聞記者に「ビリー・ザ・キッドの死の真実を伝えたい」という所から物語は始まる。

舞台は1978年、ニューメキシコ南部。
「リンカーン郡の戦い」に生き残ったビリー・ザ・キッドは悪名高い"ならず者"となり、殺人の罪で賞金稼ぎや軍隊に追われる日々を送っていた。
デイヴ(クリスチャン・スレイター)やパット・ギャレット(ウィリアム・ピーターセン)と共にフォート・サムナーに潜伏していたものの、追っ手はすぐそこまで迫っていた。
一方、昔の仲間だったドク(キーファー・サザーランド)は足を洗ってニューヨークで子供たちの教師をしているところを捕まってしまうのだが、留置所で仲間のチャベス・Y・チャベス(ルー・ダイアモンド・フィリップス)と再会する。
ビリー達は二人を助け出し、新たに農夫のヘンドリー(アラン・ラック)やビリーに憧れる孤児のトム(バルサザール・ゲッティ)が仲間入りするが、ビリーの無軌道さに愛想をつかしたパットは彼から去っていくのだった。

■パットギャレット
20061123115846.jpg


途中から保安官となって、ビリーを追うことになるパット・ギャレット。
この映画で彼は「なりきれない苦悩の人間」として描かれている。
ビリーと行動を共にしたものの、ビリーのイカれ具合についていけず結局"ならず者"になりきれずドロップアウト。
「酒場でも開こうかな」なんて言ってると、保安官が来て「タイ~ホする!」とそんなに現実は甘くなかった。
保安官になれば免責という条件を飲んだパット。
保安官になって「やるからには必ず捕まえる」と意気込む。
追跡の末ビリーを逮捕するも、逃げられ再度追跡することに。
そしてラストシーンへの突入するのだが、この時パットは明らかにビリーを撃つのをためらう。
いくらヒドイ人殺しでも友達は友達なのだ。
「やりづらいなら後ろから撃てよ」と背中を見せるビリー。
ついに銃声が響くのだが・・・・

■謎の老人
20061125101300.jpg


物語の最後、老人は「ワシがビリー・ザ・キッドなんだよ」と新聞記者にカミングアウト。
新聞記者は「まさかぁ」と半信半疑なのだった・・・

実際にこの老人は存在していて、
1950年、ニューメキシコ知事・トマス・マブリ-と会って自身をビリー・ザ・キッドだと名乗る。
その時、生き残りの"ならず者"の何人かがビリー・ザ・キッドだと証言したが認められなかった。
その28日後、テキサスで72歳で死去。

彼は本当にビリー・ザ・キッドだったのか?
真相は今となってはわからない。

スポンサーサイト
  
コメント

>(一枚目の写真、ものすごくかっこいいですね)

でしょ?でしょ?
カッコよすぎて、年を経て現在の姿が嘆かわしいですぅ。
(エミリオ・エステヴェスは肥満に、クリスチャン・スレーターは役に恵まれず、ルー・ダイアモンド・フィリップスとキーファー・サザーランドはちょっとオジサンに。)
---------- リトル・ゼ [ 編集] URL . 11/26, 10:39 -----

ビリー・ザ・キッド、享年72歳・・・?
いやあ、人殺ししておいて長生きですか。(笑
ほんとだったらすごい。

(一枚目の写真、ものすごくかっこいいですね)
---------- Vesta [ 編集] URL . 11/25, 20:20 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://movieholic.blog33.fc2.com/tb.php/104-55dc82f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。